• /

トータルスキンケア、にきび治療、肌の美白と肌の若返りのためのSUSLASER Biolight

にきびは、主に青年期に発生する慢性炎症性皮膚疾患で、顔、胸、背中によく発生します。主な病原因子は、皮脂腺の過剰分泌、毛包管の閉塞、アクネ菌の増殖、および炎症因子の発現増加に密接に関連しています。
重度のにきびの皮膚病変は大きく、永久的な過形成性または陥没した瘢痕に容易につながる可能性があり、患者の外観に深刻な影響を与える可能性があります.思春期の患者は特に心理的負担が大きく、学習状況や人格形成に影響を及ぼします。
従来の臨床薬物療法は、発症が遅く治療経過が長いものが多く、薬剤耐性や肝障害などの副作用が懸念されるものもありました。新しい光線力学療法は、中程度から重度のざ瘡を持つ多くの患者にとって最初の選択肢となっています.